ノートパソコンクーラーFITで熱暴走を防ぐ

パソコンがカクつく意外な原因

パソコンがカクカクすることってありますよね。その原因はパソコンの性能不足だと思っていませんか?でもほとんどの場合、原因は別にあるんです。ノートパソコンに触っていて「熱い!」と感じたことがあるはずです。そうです。原因は熱だったのです。パソコンはCPUやメモリを常に動かしています。エンコードをしたりオンラインゲームをしたりすると、性能を発揮しなければならないためパーツの温度が上昇してしまいます。パソコン内部の温度を下げるために、ノートパソコンにはファンが搭載されています。空気を内部に送り込んでパーツを冷やしているわけです。しかしノートパソコンは小型で薄いため、空気の通り道がほとんどありません。つまり大量の空気を送り込むことができないため、温度が上昇しやすい欠点があります。

パーツが熱くなりすぎると熱暴走を引き起こします。最悪を場合、パソコンが壊れてしまうのです。もちろんCPUやグラフィックカードは壊れないように自動的に性能を落とす仕組みを導入しています。温度が上がったら性能を落とす。だから熱暴走が起こるとパソコンがカクカクしてしまうのです。では熱暴走にならないためにはどうすればいいのでしょうか。それは熱対策を導入する必要があります。デスクトップの場合は水冷CPUにしたり、高級なファンに交換したりできますが、ノートパソコンはそんな熱対策ができません。そこでおすすめなのがノートPCクーラーFITという外部の冷却装置を付ける方法です。ノートPCクーラーFITは排気口に装着できる小型の熱対策装置です。ノートパソコン内部の空気を強力に吸引することで、たくさんの空気を取り込み、冷却効果を高めることができます。

特にゲーム用ノートパソコンは常にグラフィックカードをフル稼働しているので、FITのような熱対策がおすすめです。フリーズしていたらまともにゲームをプレイできませんからね。私はMMORPGを長年ゲーミングPCでプレイしていますが、やはり温度が上昇しやすいと感じています。友達と集まってゲーム大会をしていると、長時間のプレイでパソコンがフリーズしてしまうこともあります。多くの人はFITを使って安定させています。フレームレートの安定性を比較すると2倍以上違います。冬はともかく夏はしっかり熱対策をしましょう。

「ノートPCクーラーFIT 」